last updated 2017.9.25 
           研究会        

会員は、より深く研究したいテーマがあれば運営委員会に申し出て、所定の条件を満たしている
と認められれば、「会」内部で研究会を立上げることができます。(予算がつきます)
講師を招いてセミナーを開いたり、調査・研究活動をすることができます。
その成果を冊子にまとめて発行したり、公開例会で発表したりしています。
研究会でまとめた事を政策提言に繋げていくことは活動の柱の一つです。
会員は入りたい研究会に自由に参加することができます。(複数の研究会に参加も可)
 
 現在、
以下の3つの研究会があります。
介護問題研究会
シニアライフサポート倶楽部
認知症勉強会
 

クリックすると介護問題研究会のページが開きます ←クリックすると介護問題研究会のページに飛びます

2013年度は、20周年記念事業として
介護保険の"生活援助"に関するアンケート調査に取り組み『報告書』を作成しました。

介護問題研究会はプロジェクトチーム作業班の主たるメンバーとして、
アンケート設問票の作成から入力・集計・分析のすべてに関わり、
2014年3月31日、予定通り『報告書』を完成させることができました。

2014年度は、この『報告書』を有効活用して、さまざまな事業に取り組みました。

このプロジェクトに介護問題研究会のメンバーの多くが参加していることで、
この数ヶ月作業に追われ、介護問題研究会独自の日程調整が難しく、
今年度は遅いスタートになりましたが、
729日(水)1時半より第1回目の介護問題懇談会を開催します。

是非ご一緒に活動いたしましょう! 多数のご参加をお待ちしています!




問合せ先 吉年 千寿子  e-mail  yodoshi@sonata.plala.or.jp


 クリックするとシニアライフ・サポート倶楽部のページが開きます ←クリックすると
 シニアライフ・サポート倶楽部のページに飛びます




 
思いもかけない時に思いもかけないことが起こる・・・。
人生はいつも、そういうものかも知れませんが、高齢期こそ思いもかけないことが起きる確率が高く、
対応する力は弱まっているといえるでしょう。その時に何が一番大切か。これからの課題です。

シニアライフサポート倶楽部では集まっていろいろ話をするところから始めています。
様々の問題があることが、実感として見えてきた、という段階です。

これから、私たちの会としてどんな切り口で取り組んでいくか、社会的サポートとして
求められるのは何か、個人としてどの年代にどんなサポートが必要か?
課題はたくさんあります。

詳しくは シニアライフサポート倶楽部のページをご覧下さい。

問合せ先 小林 敏子  事務局 e-mail  wabas-osaka@mbm.nifty.com





  認知症勉強会で学んできたこと ←クリックすると認知症勉強会のページに飛びます

いまや世界的な課題である認知症。各国が協力して認知症に取り組むため、
201312月、ロンドンでG8認知症サミットが開かれました。

続いて2014は「新しいケアと予防のモデル」をテーマに日本でもその後継イベントが
開催され、出席した安倍首相は「新たな戦略の策定を厚労大臣に指示する」
と宣言しました。

これを受けて厚生労働省は2015年127日、進行中のオレンジプランの数値目標を
高く設定し直し、現在40余の市町村で進行中の「認知症初期集中支援チーム」を
2018年度中に全国全ての市町村で実施する、などとする「認知症施策推進総合戦略」
(新オレンジプラン)を発表しました。
新オレンジプランは厚生労働省をはじめ内閣府、消費者庁、警察庁など
10以上の関係省庁が関わる国家戦略です。

認知症勉強会では、国や自治体の施策、社会の動きをいち早くキャッチし、
JR東海の「認知症裁判」のことなど、自分自身の事としてみんなで考えています。

今年も偶数月に1回のゆったりしたペースで続けていきたいと思います。
認知症のこと、ご一緒に勉強しませんか?
 

問合せ先 事務局  e-mail  wabas-osaka@mbm.nifty.com
                    ホームに戻る           ページの先頭へ