Welcome (ようこそ) to LAST UPDATED 2018.6.18

   

1993年5月、「自分たちの望む豊かな高齢社会を」と願う、多くの仲間に
よって発会した市民グループです。すべての世代にとって豊かな高齢社会
とは何かを考え活動を続けています。大阪のオバさん(オジさんもいるよ)達が
どんな事をしているのか、ゆっくりご覧下さい。
                               
会の紹介 活動案内 会のあゆみ 研究会 会報バックナンバー 表現活動(寸劇) 出前講座(講師派遣) リンク一覧

 
2018年6月は予定あり
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
29 30

2018年7月は予定あり
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
高齢社会をよくする女性の会・大阪は、今年25周年を迎えます。
気持ちあらたに、今年も市民の声を発信してまいります。




6月18日の朝、大阪府北部を襲った震度6弱の地震に際し
全国各地の多くの方からお見舞いの電話やメール・FAXを頂きました。
お心に懸けていただきましたこと、とても有難く嬉しく
心よりの感謝と御礼を申し上げます。

「高齢社会をよくする女性の会・大阪」 の事務局(大阪市天王寺区)は、
お蔭様で被害はなく、通常どおりの事務局活動をしております。

被害の大きかった大阪府北部(茨木市・高槻市・豊中市・枚方市・吹田市等)に
在住の会員も多く、電話が繋がらない地域があって全容は掴めていませんが、
被害の少ないことを祈るばかりです。
23年前の阪神淡路大震災の経験を活かし、余震にも気をつけて過ごしてまいります。
お心遣い本当に有難うございました。




 
今後の会報編集の参考にさせて頂きたく、会報をご覧になっての感想やご意見を
募集することにいたします。どんなことでも結構ですので
下記アンケートフォームからご意見をお寄せください。


  会報アンケートにご協力ください!(会員対象)   アンケートはこちらから


 
 講演会
  と き:  2018年7月14日(土) 13:30~16:00
  ところ:  ドーンセンター 4F 大会議室①

 
       





内 容
  安心の「社会保障」というけれど・・・?!   
    ~世代間の壁を越え、ジェンダー視点から考よう~
 
    負担を増やして社会保障を少しでも豊かにしようとするのか、
    負担を少なくして社会保障も減らすのか… ではなくて、
              
      負担を増やして、社会保障を減らすって!?  
      これって、おかしくありません?         詳細はこちら
講 師  北 明美 さん
    福井県立大学 看護福祉学部/社会福祉学科 教授
    専門:社会保障論、社会政策論、労働経済論、ジェンダー論
と き   2018年7月14日(土)午後1時30分~4時
 ところ   ドーンセンター 4F 大会議室①
参加費   一般 500円   会員 300円
申込先  高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局  お申込みはこちら
主 催  高齢社会をよくする女性の会・大阪


 


 定時総会

懇親会
 と き:  2018年5月26日(土) 午前11時~12時  懇親会 12時~13時
 ところ:  ドーンセンター 5F 特別会議室

 
       


  wabas大阪25周年記念講演会
  「地域で”生”をまっとうするには? 
    ~在宅医療の経験から見えてきたこと~
  詳細はこちら 
   
  盛況裡に終了いたしました。ご参加くださった皆さまありがとうございました。
  講演の内容につきましては、会報第99号(6/22発行)でダイジェスト版を、
  100号記念号で詳細をお知らせする予定です。お楽しみに!

講 師  久坂部 羊さん
 小説家・医師・大学講師。国内での診療活動のほか、ウィーンなどの在外公館で医務官として
 勤務。帰国後は在宅医療に携わる。同人誌「VIKING」での活動を経て『廃用身』(2003年)で
 作家デビュー。著作の中で超高齢社会の医療問題に積極的に発言を続けていらっしゃいます。

と き   2018年5月26日(土)午後1時30分~4時
 ところ   ドーンセンター 5F 特別会議室
参加費   一般 1,000円   会員 500円
申込先  高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
主 催  高齢社会をよくする女性の会・大阪



 
       
『報告書』
完成報告会



交流・学習の
集い  
 

   大阪市ボランティア活動振興基金「福祉課題に取り組む調査研究支援事業」助成事業
  介護問題ホットライン 事業報告書完成報告会と
   交流・学習の集い
              


         盛況裡に終了いたしました。
  ご参加くださった皆さま、お疲れさまでした。有難うございました!
           

        詳細はこちら
  
    ホットライン事業報告
     研究者・ケアマネ・事業者からの
      現状報告
    参加者の情報交換会

と き     2018年3月24日(土)午後1時30分~4時
 ところ    大阪市総合生涯学習センター大阪駅前第2ビル 6F
        チラシでは 5Fとなっていますが、正しくは 6Fです
参加費    無料
申込先   大阪市宅老所・グループハウス連絡会事務局 NPO 法人エフ・エー
  TEL: 06-6627-1977  FAX: 06-7172-1511
  Email:npofa@oct.zaq.ne.jp

主 催   大阪市宅老所・グループハウス連絡会事務局
    高齢社会をよくする女性の会・大阪は実行委員メンバー
 

 




シンポジウム   盛況裡に終了いたしました。
 
ご参加くださった皆さま、お疲れさまでした。有難うございました!
 
 "介護" なんて なんとかなると思っているあなた!?
  今のままだと、将来、介護保険はあてにできません!   
 働く女性の状況に詳しく、介護保険の現状にも通じている伊藤みどりさんと
 介護を巡る現状への認識を共有しつつ、一緒にこの問題を考えましょう!

           
詳細はこちら

講 師
 伊藤 みどり さん(働く女性の全国センター(ACW2) 副代表・ホームヘルパー)
と き     2018年2月25日(日)午後1時30分~4時
 ところ    ドーンセンター  4F 大会議室①
参加費    一般 500円    会員 300円
申込先    高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
主 催    高齢社会をよくする女性の会・大阪




 「大阪市市民活動推進助成事業」「ジェンダー平等をめざす藤枝澪子基金助成事業」
“生活援助”は自立生活の生命線"
ヒアリング調査『報告書』 お申込みはこちら
当会は、20周年記念事業として、2013年5月~7月
「介護保険制度の」“生活援助” に関するアンケート調査を行ない、『報告書』にまとめました。

 このアンケート調査での自由記述欄に寄せられた多くの “声” の中に、
“生活援助”や “介護問題にひそむジェンダー問題” など、今後の介護保険の
あり方への問題提起が多々みられました。

そこで当会では、このアンケート調査を深く掘り下げるべく、

20159月~12月にかけてヒアリング調査を実施いたました。

 
   (A4サイズ 143頁)
頒価 700円 送料込み 1,000円
ヒアリングに応じて下さったのは、以下の4群、約30名づつ(男女ほぼ同数)、計125名の方々です。
①要介護認定者   ②介護経験者   ③介護保険被保険者   ④介護労働従事者

それぞれの方から、時間をかけてじっくりお話を伺ってまとめたのが、この『報告書』です。
「最期まで人間として自分の生命を全うしたい…」そんな思いに溢れています。

ぜひ、お手に取ってご覧ください。お申込みをお待ちしています。  

当会は、今後も『報告書』を中心に、政策提言に繋げるよう
真摯な活動に努めたいと思います。よろしくご支援くださいませ。
  
 



 




  wabas大阪・例会              終了しました
    井上由美子さん 講演&ワークショップ   
詳細はこちら
   「どうする! 医療介護連携」 

 講師の井上由美子さんは、台風22号接近の風雨をついて東京からお越し下さいました。
 大雨予報の中、申込みのキャンセルもあり、少人数のワークショップになりましたが、
 充実のひと時になりました。ご参加くださいました皆さま、有難うございました。 

講 師   井上 由美子さん さん
     NPO法人高齢社会をよくする女性の会・理事
      元厚生労働省社会保障審議会介護保険部会委員
      元城西国際大学教授
と き     2017年10月29日(日)午後1時30分~4時
 ところ    ドーンセンター  4F 大会議室①
参加費    一般 500円    会員 300円
申込先    高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
主 催    高齢社会をよくする女性の会・大阪






「介護問題ホットライン」 を開設しました 
※10月1日は国連が定めた国際高齢者デー
    9月29日(金)・30日(土)・10月1日(日) の3日間 
問題を共有する他団体との協働で
  
 
 
北は岩手県から南は福岡県まで、フリーダイヤルではないにもかかわらず
全国各地から沢山のお電話を頂きました。


お電話を下さった皆さま、ホットラインの開設に
ご協力・ご支援くださった皆さまに、心より感謝申し上げます。
 

早速、集計・分析に取り掛かり、報告書作成に取り組みます。
そして、皆さまから頂いた貴重なご意見を、厚生労働省はじめ
各自治体に届け、また社会に向けて発信してまいります。


この事業は、「大阪市ボランティア活動振興基金福祉課題に取り組
む調査研究支援事業」に選定され助成を受けています






wabas大阪・例会
 
防災セミナー「いざという時の身の安全と暮らしを考える
詳細は9月13日発行予定の会報第96号に掲載しています
内 容   災害は忘れた頃にやってくる・・・わかっていながらも災害に対する心構えは、
  日常の忙しさにかまけて頭の片隅に追いやられがちです。阪神淡路大震災から
  22年が経ち、震災後に生まれた人たちが増えています。大阪に大きな災害が
  想定される今、次の世代に繋いでいくためにも、防災に関する確かな情報を入手し、
  いざという時に備えようと今回のセミナーは開催されました。
  このセミナーは、会員対象で行われました。
講 師  菊田 さん(大阪市危機管理室防災計画課長補佐)
 朝里 和也さん(大阪市危機管理室防災計画担当) 
と き    2017年7月8日(土)午後2時~
 ところ    ドーンセンター  5F  セミナー室
参加費    会員 300円
申込先   高齢社会をよくする女性の会・大阪  事務局  
主 催   高齢社会をよくする女性の会・大阪

 



 wabas大阪・例会
 
        「ひとりぽっちをつくらない  詳細はこちら
        ~CSWの活動を中心に、地域包括ケアを考える~ 
 盛況裡に終了いたしました。ご参加くださった皆さま有難うございました。
       
詳細は7月8日発行予定の会報第95号に掲載いたします!

内 容  ◆ひとり暮らし高齢者の尊厳ある暮らしを地域でどう支えるか◆
   ・ 高齢者の単身世帯、高齢夫婦世帯、高齢者と未婚の子世帯の増加
       → 将来のひとり暮らし高齢者の確実な増加
   ・ 老老介護・認認介護・介護離職・介護者虐待
   ・ 近所付き合いの希薄化 → 引きこもり・孤立化・孤独死・ごみ屋敷
   ・ ボランティアの高齢化 → 地域福祉活動の担い手の育成の問題
   ・ 地域包括ケアを支えるコミュニティの形成にCSWがどう関わるか

講 師  勝部 麗子 さん  (豊中市社会福祉協議会 コミュニティソーシャルワーカー) 
と き   2017年5月27日(土)午後1時30分~4時20分
ところ  ドーンセンター  5F  特別会議室
    
(定員96名 定員になり次第〆切ります
参加費   一般 500円    会員 300円
申込先  高齢社会をよくする女性の会・大阪  事務局  
主 催  高齢社会をよくする女性の会・大阪





このホームページは「高齢社会をよくする女性の会・大阪」の
ホームページプロジェクトチームによって作成・運営されています。
本ホームページから転載・引用される場合、またリンクを貼られる際はご連絡ください。
(C)copyright 2003  「高齢社会をよくする女性の会・大阪」  All Rights Reserved


「高齢社会をよくする女性の会・大阪」事務局
〒543-0028 大阪市天王寺区小橋町9-13-501 田代
 e-mail   wabas-osaka@mbm.nifty.com
  Tel/Fax 06-6762-0550
  http://wabas-osaka.life.coocan.jp


ページの先頭へ