シニアライフサポート倶楽部 

定例勉強会は、原則奇数月の第1水曜日、午後1時30分から開催しています。

「高齢社会をよくする女性の会・大阪」 の会員はどなたでもご参加いただけます。
メンバーの皆さんには、その都度「案内&報告」をメール・FAXでお送りいたします。
                                                last updated 2017.10.9

 


    2017年度 シニアライフ・サポート倶楽部 報告

        
        9月6日(水)は「人生の後半をどう生き抜くか」をテーマに、
        国立長寿医療研究センターの鳥羽研二医師が「NPO法人高齢社会をよくする女性の会」
        定期総会で話された資料をもとに、健康面、今後の生き方や社会の在り方について話し合いました。

       76日(水)は、今までに行ってきたことを振り返り、今後の在り方を話し合いました。

        20053月頃から2007年にかけては、「老いの住まいと暮らし方」について、調査し、
        講義を聴いたり、DVD鑑賞などもしてきました。

        2008
年は、それぞれの地域での「配食サービス」の調査をし、報告書にまとめました。
        2008
8月に「パーソナルメモ・カード」が完成。

        2010年から2011年頃にかけて、「人生のエンディング」、「平穏死」などについて、

        2012
年からは、「在宅介護・施設介護」の問題や「地域包括支援制度」について検討しました。
        その後は、介護制度や医療制度が変わってきたことに対して、外部講師の講演を聞いたり、
        超高齢期への備えについて勉強してきました。時を経て、もう一度このような内容を、
        少し年配になった立場で、後輩世代の方々と勉強し合うのもいいのではとの意見が多く出されました。

       昨年度末、勉強会の休会、中止を考えましたが、今後も継続し、「重要な高齢期」を
        生きるために種々のことを様々な角度から勉強していきましょう!

        どうぞ皆さまのご協力をよろしくお願い申し上げます。

         
      


去る4月5日(水)午後、シニアライフ・サポート俱楽部と認知症勉強会のメンバー15名で、
2016年度の「介護甲子園で優勝したグループ「北大阪れんげケアセンター」 の一つ、
住宅型有料老人ホーム「れんげハイツ井高野」を見学しました。

ここは、要支援・要介護の人が入居でき、日常生活の世話は訪問介護スタッフが、
医療は訪問看護ステーションと提携し、胃ろうや留置カテーテルなどを要する人への対応も可能とのこと。

まず、施設の概要の説明を聞き、一部ペットと一緒に住める部屋もある居室を見学。

このグループでは早くから外国人が介護の仕事に携わっていて、
そのエピソードを「介護甲子園」で発表されたDVDで視聴
フィリピンや韓国から来られた人たちも、日本の介護職の人もほとんど変わりなく、
要介護の高齢者に受け入れられている様子が伝わってきました。
 

フィリピンから来日して職務についている4人が、私たちの話し合いに参加して
色々と感想を聞かせて下さいました。
また、6年前に来日して勤務している先輩が、介護の仕事を目指して留学している後輩たちを見守る様子や、
日本語学校で学ぶ留学ビザでは、28時間以内の仕事をすることができることなどを
理解することができた有意義な時間になりました。


 201611月に技能実習適正化法と改正入管難民法が成立し、
2017年には外国人技能実習制度で介護分野への実習生受け入れが可能になるほか、
在留資格に「介護」が追加され、最長5年まで働けるようになります

また、国家戦略特別区域(特区)における外国人家事支援人材の活用を
神奈川県、大阪府、東京都が名乗りを上げ、介護分野での人材不足を反映し、
その担い手を外国人に求める動きが顕著になってきています。

当会の2015年度ヒアリング調査では、コミュニケーションや言葉の不安を訴える意見とともに、
少子高齢化で労働人口が減っている現在、共に働き、共に暮らすという発想で
外国人労働者の問題を検討すべきとの意見や人材不足の深刻さから、
介護従事者は男女とも7割強が外国人の参入を容認し、前向きにとらえている回答がありました。
                                 (ヒアリング調査報告書参照)
様々なことを深く考えさせられた一日でした。 
==============================================

シニアライフ・サポート倶楽部は、今年度も高齢期における身近な問題をテーマに取り組んでまいります。
当研究会に参加をご希望の方は、こちらまでご連絡くださいますよう!

 問合せ先  座長:小林 敏子  事務局 e-mail :wabas-osaka@mbm.nifty.com



2016年度 シニアライフ・サポート倶楽部 報告


◆第4回 シニアライフ・サポート倶楽部報告◆
 日 時 2016年11月2日(水)13:30~16:00
 場 所 ドーンセンター4階 調理室
 内 容 前回機材の都合でダメだった早川一光医師のビデオを鑑賞し、皆で話し合いました。
また、今年、ご夫君を看病ののち亡くされたメンバーから「現在の医療と介護」の
状況について感銘深いお話を聞きました。



 ◆第3回 シニアライフ・サポート倶楽部報告◆
   日 時  2016年9月7日(水)13:30~16:00
 場 所  ドーンセンター4階 和室2
   テーマ  ひとりでの最期をどのように迎えるか

   長年、京都西陣で在宅医療に努めてこられた医師、早川一光さんの最近の日常を
  撮影したビデオ『こんな筈じゃなかった』を見て話し合う予定でしたが、
  準備の手違いで上映会はキャンセル。11月2日に変更になりましたので、
出席者で終末期の医療や介護について、話し合いました。



 
◆第2回 シニアライフ・サポート倶楽部報告◆
   日 時  2016年7月6日(水)13:30~16:00
 場 所  ドーンセンター4階 調理室
   テーマ  戦後70年、忘れてはならないこと

山田芳子さん、角本典子さんの担当で、樋口恵子さんの書かれた書物から「戦後71年、
   今伝えたい事こと!!」、終戦後の引き揚げ船の中で、また、引き上げ後対応された
   悲愴な出来事について話し合い、平和の有難さをしみじみ感じました。


   
また、植本眞砂子さんより「憲法」について、私達が知っておきたいことをお話しいただき、
   大変勉強になりました。




 
◆第1回 シニアライフ・サポート倶楽部報告◆
   日 時  2016年5月11日(水)13:30~16:00
 場 所  ドーンセンター4階 調理室
   テーマ  今年度の勉強会の進め方について、ほか

   できるだけメンバーの声を取り上げて進めていくような運営にしていく。

   原則として、奇数月の第一水曜日に開催する。

   当日は京都の会から出された「人生100年時代をどう生きる」の中から
   樋口恵子さんの意見と上野千鶴子の意見などについて語り合い、
   メンバーそれぞれの意見交換をしました。



“パーソナルメモ” について

当倶楽部で作成した“パーソナルメモ” が好評を
いただいております。
当会主催のセミナー等で、ご希望の方にお頒けしていますが、
外部からも沢山のご注文をいただくようになりました。
ご活用頂けると嬉しいです。

メンバーの手作りですので、いちどきに大量のご注文は
ご容赦下さいませ。
                      ご注文はこちら
  
パーソナルメモ
◆サイズ
 
カバー(軟質ビニール)
  9㎝×13.5㎝
◆頒価 500円
 ※書き方説明書が
  付いています
 

昨年(2014)度は、主に高齢者の医療体制の現状や介護保険制度の状況について学習しました。

  そして、「地域包括ケアシステム」の現状と今後について、地域で活動されている勉強会メンバーが報告をし、
各地域での現状などについて意見交換をしました。

合同勉強会として、本年2月には前川敦氏(大阪社会福祉士会・副会長、ふせまちかど相談所・代表)をお招きし
「地域包括ケアシステムについて考える」との題でお話を伺いました。

 また、高齢期に向けて、一人暮らしが多くなる昨今、準備していかなければいけないことや
日常心がけている生活上の注意点などの話し合いも行っています。

 今後20年余りはさらに進行すると考えられる超高齢社会を前にして、
医療費や介護費用の削減、終末期における入院医療から在宅医療へのシフトなどが叫ばれ、
「地域包括ケアシステム」の充実が必須と云われております。実際にどのように医療費や介護費用を削減して、
「地域包括ケアシステム」を充実すれば、安心して住み慣れた自宅で生を全うできるのでしょうか? 

 530日の総会後に例会として「医療と介護の連携の今~地域包括ケアの光と影~」と題して、
医療の現場で長年ご苦労されてこられた和田光徳氏からお話を伺いました。

次回勉強会(85()に日程変更)では「医療と介護の連携」をテーマに
さらに学習を深めたいと考えております。

また本年度は身近な生活上のことにも焦点を絞り、日々の生活をより楽しく過ごせるよう
色々話し合いたいと思っています。 皆さまのご参加をお待ちしています。 (小林 敏子)  






2014年最初の勉強会は1月22日(水)の午後、
ファイナンシャルプランナーの浅井さん(勉強会メンバー)から
「高齢期に向けて備えたいお金の話」を聞き、みんなで話し合いました。

また、2月5日(水)午後には、認知症勉強会との合同勉強会とし。
大阪府看護協会・桃谷センターを訪ねて生活体験館GOKANを見学しました。
そして、在宅介護のキーパーソンである訪問看護師さんから「訪問看護について」のお話を聴きました。
現場を熟知されている上道久美子さん(訪問看護認定看護師)に様々な質問をぶつけて的確な回答を得、
納得の勉強会になりました。
(この催しについては会報83号に掲載しています)
 

8月3日、認知症勉強との合同勉強会で外部のセミナーに参加しました。
詳しくは会報第81号をご覧ください。




「シニアライフサポート」の名の通り、高齢期の暮らしに密着した 住まい、食、健康、医療、
エンディングなどの問題の学習やその発表に取り組んで10年。

メンバーの共通の理念は高齢者の自立と尊厳、自己決定です。昨年行なった活動は、
「人生の後半を充実して生きる」(クレオ大阪中央のセミナー)に出講、
次々と様相を変化させる「高齢期の住まい」について認知症勉強会との合同学習、
また介護つき有料老人ホーム(ライフ&シニアハウス緑橋)の見学などでした。

  ◆今年度(2013年度)の大きな変化は世話人の交代です。

2003年以来の山田芳子・角本典子二人の世話人は退き、新しく小林敏子が世話人へ。
会計は引き続き芝田眞子。この新しい陣容でこれからも高齢期の暮らしを取りまく
さまざまな問題点を考え、社会に発信して参ります。

  今年度第1回の会合では、今後の方針も討議されました。
 また、長尾和宏医師の講演「在宅看取りの実際~在宅、病院、施設において
患者の望む最期を叶えるために」を聴いた角本がその内容を紹介。
みんなが考えている在宅看取りについて話し合いました。

次回は8月3日、豊中市の「すてっぷホール」での同医師の
「認知症と平穏死~この長寿社会 健やかに 安らかに~」を
倶楽部員の多数が聴講の予定です。そのあとまた、それぞれが望む幕引きについての
熱い議論が交わされるでしょう。



当倶楽部、今年度の締めくくりは有料老人ホームの見学会です。

日 時:3月21日(木)、午前11時~午後1時30分 
 見学先:ライフ&シニアハウス緑橋(㈱生活科学運営)
         大阪市東成区東中本2-1-17




1月16日(水) 第5回サポート倶楽部は新年会といたしました。

いま、大阪で大人気のパティストリーの美味しいケーキや
お持たせのお菓子をいただきながら
これまでのこと、これからのこと、サポート倶楽部だからこそ心許して話せること等など
ワイワイガヤガヤと賑やかで楽しくて有意義なひと時になりました。




11月21日(水)、認知症勉強会との合同勉強会をしました。

高齢期の住まい(サービス付き高齢者向け住宅のことなど)について
関西有料老人ホーム紹介センター (株)エイジプラス相談員の
北野 優さんを講師にお招きして勉強しました。

北野さんは介護関係のお仕事をなさったこともあり、参加者からの厳しい質問にも
笑顔で的確に答えてくださり、充実した勉強会になりました。

最近、介護付有料老人ホームの広告が目につくようになりました。
一人で自宅で暮らすことがしんどくなった時、“介護付”は魅力的に思えますが
本当に其処で自分が望むような暮らしができるのか、しっかり見極める力が必要だと学びました。

高齢期の住まいについては、当倶楽部でもずっと勉強を続けてきていますが
制度や法律が変わると、勉強しなければならないことが増えます。
いくつになっても勉強ですね。楽しく勉強していきましょう。

◆次回は1月16日(水) 13:30~ 新年会を兼ねた勉強会です。ご参加をお待ちしています。




3月10日(土)の中山博文先生の講演会は盛会裡に終了いたしました。
講演会の模様は、会報第77号(6月発行予定)に詳しく掲載する予定です。お楽しみに!



当倶楽部で作成した“パーソナルメモ”を講演会終了時にご紹介
したところ、用意してあった20余部全てをお求めいただきました。
有効にご活用いただけたら嬉しいです。

パーソナルメモは、当会の催しの度にご紹介しております。
 



次回の勉強会は3月10日(土)の講演会を充てます。

2011.11.16の勉強会はで、小林代表から、上野千鶴子(社会学者)さんと、
松村真司さん(プライマリケア医師)の対談集『患者の生活を支える在宅医療の現場から』より、
“在宅ケア”の展望や課題の説明があり、その後メンバーで“在宅ケア”について話し合いました。

当勉強会のメンバーは、在宅医療に関心が高いこともあり、
3月には、大阪市浪速区でプライマリケアに取り組んでいらっしゃる
中山博文先生をお招きして講演会を開催することにいたしました。
当勉強会が担当します。




今年度(2011年)、当勉強会では「 “いのち” について考える」をテーマに勉強を続けています。
特に、“いのち”の最期の日々や在宅医療のことを考え、話し合っています。

甲府市で在宅医療を担われるドクター(内藤いずみさん)の活動を綴ったDVDの視聴や、
“いのち” についてメンバーが読んで感銘を受けた本、考えさせられた本を
皆で読んで感想を話し合い、自分のこととして更に深く考える日々です。

勉強会の座長をつとめる山田芳子さんは、勉強会で話し合う中で
「最期まで尊厳ある生き方を保って死にたい」と希望しているが、
認知症になっても、あるいは意識不明になってもそれは可能かと考えたとき、
「いのち」とは何か「こころ」とは何かを再考したいとの思いに行きついたとのこと。

そこで、この問題をテーマに皆で考えることを提案し、
幾つかの著書を読み合わせ、話し合うことになりました。

山田さんは、吉田脩二(精神科医・画家)著『ヒトとサルのあいだ』や
脳科学者の茂木健一郎の著書などを読み、精神とこころ、死について、
また、物質からなる神経細胞やその回路と「精神」との関係についての疑問などを出され、
参加者で討論しました。

  こころは脳と身体と外界の三者の間を漂っている?
  こころが脳・身体・外界の間を自由に自然な形で行き来しながら活動している時、
私たちはゆっくりとありのままに存在していると感じることができる?
  脳死が死であるのはこころが死ぬからか? 
 石黒浩・鷲田清一著『生きるってなんやろ』
  瞑想で人は変われる 身体をコントロールすると心がやすまる こころは脳と身体と
外界の間を漂っている  吉田脩二著『感じる力』
  高齢になって、こころが落ち着いて考えられるようになり、在宅で死にたいと思う
ようになるのは何故だろう?
 
  自分が癌であると知った時、手術はいやであると考えたが、息子に手術を勧められ、
結果的には身体が楽になって良かったと今は考えている
認知症の母を6年間看ているが、一年ほど前から嚥下が難しくなり、胃ろうにして
もらったが、本人の希望ではなく、周囲の人の希望でそうしたことを悔やんでいる。
いのちや病に関して、昔から奇跡との考え方があるが、現在も同じような考え方が
あるのは何故だろう?
若いころは「生きるってなんだろう」と悩み考えることが多かった.生老病死に
ついても考え、肩の荷が重かった。最近では楽になってきている
認知症の末期になって、何を食べているのか分からなくなったとき、どうしましょうか

その他にも色々の意見が出され話し合いました。引き続き、考えを深めたいと思います。
 


~~ 中略 ~~


私たちの倶楽部は、2008年度、何ヶ月もかけて協議し、
パーソナルカード(緊急時に必要な身元情報を記載したカード)を作成しました。
既に100部を超えてお頒けし、皆さま(会員外も)のお役に立てていただいています。

最近では、各地の行政でも同様のものが作成されています。
魁(さきがけ)として、皆で頑張って作成したことを楽しく思い出します。

 ◆ご希望の方は下記までご連絡下さい。
   シニアライフサポート倶楽部 連絡先
   小林敏子  e-mail  wabas-osaka@mbm.nifty.com


それぞれが、他の勉強会に出ていることなどもあり、12月から2月まで休会しましたが、
さまざまな新たな問題も超高齢社会になり出てきています。
        以前から懸案の終末期の医療その他の問題についてナルクのエンディングノートをもとに
話し合を進めることも必要ではないかと考えられます。

(昨年使ったナルク資料の12,13ページ)ふり返ってみますと、
シニアライフ・サポート倶楽部は2003年に会を立ち上げて、「最後までいえ(居宅)で暮らす」ことを
みんなの願いとし、高齢者の自立と自己決定を共通の理念として住まい、食、エンディング等の
問題に取り組み、これまでに幾つかの高齢者施設や公的配食サービスの事業所を見学するなど
お互いの認識を深めてきました。以下に今までの学習の足跡をしるしてみます。

 2005. 3 例会  老いの住まいと暮らし方  中川倶子さん、高橋定子さん講演
 2006. 2 例会  高齢期の住まい・暮らし方  松岡洋子さん講演&
  倶楽部作成の住まいのチャート発表
 2007. 2 例会  トーク&映画  向平すすむさん講演&
 映画上映 『私の葬送日記』
 2008. 4 調査報告  公的配食サービスから見えてきたこと
2008.10  パーソナルカード(緊急時に必要な身元情報を記載) 完成

シニアライフ・サポート倶楽部は、その時、そのときの話し合いの場から出てきた問題を取り上げて
高齢期問題への知恵と情報の交流を主眼に、誰でもが参加できるゆるやかな繋がりを作っていきます。



私たちの会は、2007年度から、超高齢社会における終末期の問題についていろいろと、
勉強を重ねています。そのなかでも、平均年齢、夫婦の年の違いなどから
女性高齢者が一人で生活するということは、統計的に見ても、必然的な状況になってきました。
家族に頼らない老後、自立した生活、といってもいざという時にどうすればいいのか、
ふだんから心がけておかねばなりません。

私たちは、現在自分の身の周りでも、数々の事例を見聞きしています。
勉強会の仲間からの提案による、常に身につけていて、いざという時に役立つ「パーソナルメモ」を
カード式にして作成しようということになりました。
今回、これで、いいのではないかというカード(縦13.5㎝×横9㎝、二つ折り)が仕上がりました。

それぞれの考えをもとに、例えば、見知らぬ場所で意識不明の状況になったとき、
誰かが救急車をよぶ。その際、その人個人に対するどの程度の知識が必要か?など、
いろんな場合を想定して考えました。現在サポート倶楽部員のみになっています。
見本がありますので、興味をお持ちの方は、お問い合わせ下さい。

なお、当倶楽部はパーソナルカードの完成をみたこともあり、しばらく休会いたします。


私たちの研究会は、今年度はエンディングについて考えてみようということで、
ナルクのエンディングノートをもとに勉強会を続けています。

高齢期になって考えなくてはならないのは、いつ?どこで?なに?が起きるか
予測できないということです。
現在、救急車の出動についてが、問題になっていますが、その場合に家族か、
他に一緒に暮らしている人がいるときはいいのですが、一人暮らし、
或いは一人でいる時(路上)とかで緊急事態が起きることは、十分ありえます。

そんな事態が起きたときに、「一目瞭然」で本人の状態がわかる「パーソナルカード」の
ようなものを身に着けていることが必要なのではないかという意見がありました。
倶楽部の会員のかたが、もってきた見本をもとに、現在、内容について、検討中です。
ある程度、完成しましたら、WABAS大阪会員のかたに発表するつもりです。
参考資料などおありでしたら、当会までご連絡下さい。よろしくお願いします。


  今年度の私たちの研究会は食をテーマにしています。公的配食サービスについての調査も
倶楽部のメンバーが住んでいる各自治体の実態調査がそろいつつあり、
今月の研究会ではそれぞれの調査票をもとに、意見を出しあいました。

調査した自治体が数少なく、北部に偏っているなどの難点はありますが、
共通した問題点も浮かび上がってきています。
私たちが望んでいる高齢者の健康に配慮し、安価で、しかも安心できる良い食事の
提供がなされているかどうか、今後、この公的配食サービスはどんな方向へいくのか等、
この調査から見えてくる課題を整理し、会員の手で現在まとめているところです。
整理、まとめが終わりましたら、表にするなど、
なんらかの形で提案ご報告できるようにいたします。


高齢になって、介護保険の生活支援の中で、掃除・洗濯・炊事のうち、「食」の問題は
個人差が一番顕著に表れてきます。何十年間かの生きてきた生活の歴史が、
食の好みに集約されているといってもいいでしょう。

 自分で自分の食べるものを調達することが、買い物も含めて困難になったとき、
どうすればいいかが課題です。調理専門の人を頼むとか、老舗とかデパートの
高級通販のお惣菜をお取り寄せするとかは、いくら口にあうとしても
高齢期の経済状態から考えたら無理なことでしょう。

高齢者の健康に配慮し、安価であり、しかも安心できる良い食事の提供が望ましいと思います。
高齢福祉の一環として、各自治体が実施している配食についての調査をすることになり、
内容・手続き等について、共通する項目を現在検討しています。


2007年度、シニアライフ・サポート倶楽部は前年に引き続き、高齢当事者としての課題に取り組みます。
~家(自宅)で暮すために~を大方針として継続しながら、今年度はもう1つの柱として、
今年度スタートする予定の「認知症プロジェクト(仮称)」に倶楽部員の関心も高く、
そこに参加することの2つを中心にして、活動を続けていきます。

昨年まで、収集し、話し合いした資料を会報にのせる、あるいは、外部に発表できるように、まとめをしていくのも
大切なことです。そのためには、会議録をもとに、会員の持ちよった各自治体(他印刷物含む)の資料の整理、
なども必要になってきました。高齢者の生活全般のサポートというのは、本当に範囲が広く、
ある程度的を絞って、調査・研究を続けることも大切な方法ではないかと考えられます。

今までは、住に関すること、食に関することについてなどを主に活動してきました。
会員が、高齢になるにつれ、身近な人、自分自身の介護、病気、また、近親者・知人の死など、
問題は日ごとに深刻になってきています。

「お墓」「お葬式」など、人生のエンディングに対する具体的なシステムについての知識も必要になります。
昨年度の研究会の席上で、自分自身がクオリティ・オブ・ライフをどう考えるかということは、
哲学を持たなくてはならないという話も出ました。

どう生き、どう老い、どう死ぬかは、自分が決めるようでもあり、全く異なる次元の運命の支配するところ
であるかもしれません。人間は弱いものと知りながら、なお自分で判断し、
決定できる間は少なくとも最善と思える生き方をしたいと思います。

そのために、生きる叡智と勇気を失わない高齢期を過ごすことのできる
一つの場としての研究会であり続けます。

    
         は、大好評裡に終了しました!
      
       2007年2月10日(土) 午後1時30分~ 於 ドーンセンター 1F パフォーマンススペース
               トーク⇒ 向平すすむさん 「尊厳をもって地域に生き、そして終えるために」
              映 画⇒ 松原 惇子さん製作  『わたしの葬送日記』  

                   詳細は会報59号(2/21発行)に掲載しています。

昨年度は、「住まい」に間して、高齢者のさまざまな立場での住まいのあり方の勉強を深めました。
2006年2月には、デンマークの高齢者問題研究家の松岡洋子さんを講師にお迎えして
当勉強会が中心になって、例会「高齢期の住まい・暮らし方」を開催しました。

  2006.2.18(土)於 ドーンセンター セミナー室
  
  ご一緒に考えてみませんか!「高齢期の住まい・暮らし方」

  基調講演で「」デンマークの高齢者住宅・ケア・地域」
  ~地域で最期まで暮らし続けるためのしくみ~ について話す松岡 洋子さん              (デンマーク高齢者福祉研究家・ 当会会員)  
               お話の内容は会報56号に掲載しています。



   シニアライフサポート倶楽部 連絡先 ホームに戻る
   小林 敏子  e-mail wabas-osaka@mbm.nifty.com