Welcome (ようこそ) to LAST UPDATED 2022.7.23
   

1993年5月、「自分たちの望む豊かな高齢社会を」と願う、多くの仲間に
よって発会した市民グループです。すべての世代にとって豊かな高齢社会
とは何かを考え活動を続けています。大阪のオバさん(オジさんもいるよ)達が
どんな事をしているのか、ゆっくりご覧下さい。
             
会の紹介 活動案内 会のあゆみ 研究会 会報バックナンバー

入会案内

出前講座(講師派遣) リンク一覧

 2022年7月
は予定あり。
数字の上にポインタをかざすと
予定をご覧いただけます
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

 2022年8月は予定あり
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

 2022年9月は予定あり
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 
 
「高齢社会をよくする女性の会・大阪」は地道に活動を重ね、29年目を迎えました。    
 発会当初、親の問題だった介護問題は、今や私たち自身の問題です。  
 気持ちあらたに、高齢当事者の声を発信してまいります。  
 お若い方は、親御さん世代のこと、また、将来のあなたご自身の
こととして、ご一緒に考えてみませんか!
  
 

      会場とZOOMのハイブリッド講演会
介護とジェンダー  ~ケアするのは誰?~

コロナ禍で、私たちの暮らしになくてはならない
「エッセンシャルワーカー」といわれる人たちの
仕事と働く環境が注目を集めました。

また、突然の一斉休校は、働く女性に大きな負担を負わせ、
ケアが依然として家庭内の無償労働であること、
介護・保育の現場が低賃金で、非正規の女性が圧倒的多数であることを
浮き彫りにしました。

「介護」「ケア労働」という言葉に潜むジェンダーの問題について
一緒に考えたいと思います。ぜひ
ご参加ください。お待ちしています。

詳細はこちら           申し込みはこちら 

  と き: 2022年 9月11日(日)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
   講 師:   森 詩恵 さん  大阪経済大学教授・副学長(社会福祉・社会政策担当)
  参加費:  会員 500円   会員外 1,000円
高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
wabas-osaka@mbm.nifty.com
   FAX:06-6762-0550



 
2022年度 定時総会 記念講演会 
(会場とZOOMのハイブリッド)
「これからの 私たちの暮らしと社会保障」
~社会保障は誰のためにあるの?~

 この講演会は終了いたしました。
ご参加くださった皆さま有難うございました!


誕生から死に至る人生すべてに関わることなのに、
なんか難しくてよく分からない社会保障。
 このたび、社会保障を語っていただくに最適の講師をお迎えすることができました。
またとないチャンスです。ぜひご参加ください。

 詳細はこちら     
                

  と き: 2022年 5月28日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 5F 特別会議室 (定員108名 コロナ次第で半減)
  講 師:   香取 照幸 さん 元厚生労働省年金局長、上智大学総合人間科学部 教授、
一般社団法人未来研究所臥龍 代表理事)
  参加費:  会員 500円   会員外 1,000円
高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
wabas-osaka@mbm.nifty.com   FAX:06-6762-0550




 

 会場とZOOMのハイブリッド講演会 
新型コロナウイルスが介護現場にもたらしたもの
  ~今後の課題と対策を考える~
終了しました。ご参加くださった皆さま有難うございました。                   
 詳細はこちら  

オミクロン株の終息が見えないまま、日々緊張を強いられる介護の現場で
懸命に頑張るケアワーカーさん達。高齢者施設でクラスターが発生したとき、
ケアワーカーさん達はどんな日々を過ごされたのでしょう?
医療との関わりはどうだったのでしょう?
現場からの生の声をたっぷりと聞かせていただき、今後の課題をみんなで
       考えたいと思います。ご参加をお待ちしています。
                  

  と き: 2022年 3月19日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
   講 師:  小芝  礼 さん  (医療法人 呉診療所ケアプランセンター・ケアマネジャー)
 岡崎 和佳子さん  (有限会社菜の花 代表取締役、ケアマネジャー)
 長福  洋子 さん  (NPO法人エフ・エー 理事 コーディネーター)

  参加費:  会員 500円   会員外 1,000円
高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
wabas-osaka@mbm.nifty.com   FAX:06-6762-0550

     
   公的価格検討委員会における介護職員の処遇改善に関する要望書を
   岸田文雄内閣総理大臣と後藤茂之厚生労働大臣宛に提出しました
  ⇒要望書はこちら  




 
  ZOOM講習会 (会員対象)は終了しました。
 
ワイワイと、とても楽しく学ぶことができました。
  参加して下さった皆さま、ありがとうございました。
おおいに活用いたしましょう!


「高齢者はデジタル弱者」なんて言われたりしています。
オミクロン株の感染拡大で、お正月もまた、会いたい人たちに会えないかも…。
よく聞くZOOMってやってみたいけど、どうやったら出来るんやろ…?

コロナが終息したとしても、ZOOM等のデジタル技能は高齢者にこそ
必要なものだと思い、講習会を開く事にいたしました。是非ご参加ください。
ご不明な点は、遠慮なく事務局にお問い合わせください。
お申込みをお待ちしています。
   詳細はこちら  
                 

  と き: 2021年 12月22日(水)13:00~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
  講 師:  ㈱ REGAL CASTからお 2人に来て頂きます
  参加費:  会員 500円  パソコン・スマホ等をご持参ください。
               持参するのが難しい方は事務局にご相談ください。
  申込先:  高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
   
     wabas-osaka@mbm.nifty.com   FAX:06-6762-0550




 

 会場とZOOMのハイブリッド講演会 

住み慣れた場所で 安心して暮らすために
~地域の医療と介護は…~   詳細はこちら  
終了しました。緊急事態宣言が解除され、久しぶりに会場いっぱいの参加者を
得ての開催となりました。ご参加くださった皆さま、有難うございました!



住み慣れた場所で最期まで暮らし続けるためには、何が必要でしょうか。
1992年「出かける医療」をモットーに住民の共同出資で開設された「菜の花診療所
訪問診療・訪問介護を行い、2003年にはケアプランセンターと
ヘルパーステーションを併設して在宅での生活を支援してこられた、
山寺院長とケアマネジャーの岡崎さんにお話ししていただきます。

防護服に身を包んで、在宅療養中のコロナ患者さんの診療をなさっていると
伺っています。山寺院長はじめ医療従事者の皆さんのご健康をお祈りしております。
                 

  と き: 2021年 10月9日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
  講 師:  山寺 慎一さん(医師・医療法人菜の花診療所 院長)
         
岡崎 和佳子さん(有限会社菜の花 代表取締役、ケアマネジャー、看護師 等)
患者さんの家族の立場からの発言もあります

  参加費:  会員 500円   会員外 1,000円
  申込先:  高齢社会をよくする女性の会・大阪 事務局
   
     wabas-osaka@mbm.nifty.com   FAX:06-6762-0550

 
   
団塊世代」の皆さま   ご協力有難うございました!!
「団塊世代の暮らしと介護に関する意識・実態調査」
いただいた回答を基に、これからの介護保険制度施策への提言などを行い、
円滑で適正なサービスの利用につながるような支援を提案していきます。
ご協力に心より感謝申し上げます。


 
  3.

 今秋、行なわれる衆議院議員選挙に向けて、下記8政党に「介護保険」に関する
 考え方についての公開質問状を出し、回答を得ましたので公開いたします。
 投票行動の参考の一助になれぱ幸いです

 
 ①自由民主党  ②公明党  ③立憲民主党  ④国民民主党  ⑤日本共産党
  ⑥社会民主党  ⑦日本維新の会  ⑧れいわ新選組
              
         
                   ※頂いた回答をそのまま転記しております。

     質問1: マニュフェスト作成について
     質問2: 介護ビジョンについて
     質問3: 介護保険制度の財源について
     質問4: 要介護1・2の地域支援事業への移行について
     質問5: 補足給付対象者への資産チェックについて
     質問6: 介護人材不足について






 


 講演会    大好評の内に終了いたしました

初めて、会場(ドーンセンター)とオンラインセミナーの併用開催で、
技術的な不手際もありましたが、ご講演の内容には参加してくださった
皆さまに大変満足していただくことができました。
講師の小竹雅子さん、ご参加くださった皆さま、有難うございました!


「どうなって『介護保険』」 詳しくはこちら

改正されるたび、なにがどうなってるのか、ドンドン分からなくなる
  介護保険。介護が必要になっても、キチンと介護保険料を払っていても
介護保険のサービスが受けられなくなるかもって…ホント?

コロナ禍の下、介護保険の現状は? これからどうなる?等々

小竹さんのお話をたっぷり伺い、話し合いました!
そして、参加者の総意で「介護保険制度の拡充を求めるアピール」を採択し、
今後の政策・国会審議などに活かしていただくよう、衆参両議院の厚労委員の
皆さん(70名)と厚生労働省に送付いたしました。
                       

  
 と き: 2021年7月17日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
 講 師:  小竹(おだけ) 雅子さん (市民福祉情報オフィス・ハスカップ) 主宰
小竹さんは、国の社会保障審議会の「介護保険部会」や
「介護給付費分科会」を毎回のように傍聴し、その様子を
「市民福祉情報オフィス・ハスカップ」のホームページで
発信なさっています。

  参加費:  会員 500円   会員外 1,000円




 

 
 講演会は終了しました   詳細はこちら

「人生100年時代 自分らしく地域で生を全うする」
~ホームホスピスってどんなの?



新型コロナウイルスの第三波が来ている中での開催でしたので
受付での検温、手指の消毒、入口ドアの開放、窓の開放
全員のマスク着用と、感染防止に努めました。

参加してくださった皆さまのご協力のお蔭をもちまして
素晴らしい会になりました。ご協力に改めて感謝いたします。

                       


がんやエイズの末期にある人を対象としているホスピス(緩和ケア)ではなく、
もう一つの家「ホームホスピス」って…?
最期の住まいになるかもしれない「ホームホスピス」のこと
正しく知って、あなたのこれからの住まいの選択肢に加えませんか?
  
 と き: 2020年11月14日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
  講 師:  東田 敦子さん (特定非営利活動法人ホームホスピス ふさの家 代表)
         松澤 ミサホさん特定非営利活動法人ホームホスピス 風の栞・高殿 代表)


セミナー

医師の視点家族の視点で 認知症ケアを考える

終了しました。お足許の悪い中、ご参加くださいました
皆さま、本当にありがとうございました!

  
 と き: 2020年10月17日(土)13:30~16:00
  ところ: ドーンセンター 4F 大会議室 ①
  講 師: 松本 一生さん(医療法人圓生会松本診療所院長・老年精神科医師
                  歯科医師、元大阪人間科学大学教授ほか、著書多数
 
パブリックコメント提出しました!(1.内閣府 2.厚生労働省)

  「第5次男女共同参画基本計画策定に当たっての基本的な考え方(素案)」について 
   「介護保険法施行規則の一部を改正する省令案について(概要)」への意見
 
合同勉強会(会員対象)は終了しました 
 介護保険制度は、持続可能? ~コロナ禍後を考える~
  
 と き: 2020年9月14日(月)18:30~21:00
  ところ: 大阪市立中央公会堂(重要文化財) B1 大会議室
  講 師: 堤 修三さん(社会福祉法人サン・ビジョン理事長、元厚生労働省老健局長
                元大阪大学大学院教授、元長崎県立大学特任教授)
詳細はこちら        
    会員対象 勉強会  終了しました 
ご存知ですか? 今どきの “むつき” のこと
~いずれ来るその時を快適に~


  と き: 2020年7月1日(水)
  ところ: ドーンセンター 中会議室
  講 師: 浜田きよ子さん(高齢生活研究所所長、「むつき庵」代表)

  講演会 「在宅医療」について
    ~その「仕組み」と「実践」での問題点~
   盛況裡に終了いたしました。ご参加くださった皆さま、有難うございました。
   講演会の詳細については、会報 第104号でご報告いたします。

 
       
内 容 「在宅医療」の訪問診療って、昔から馴染んできた「往診」とどう違うの? 

講師の中嶋啓子医師は、長年、高槻市で在宅医療に携わってこられた
経験から「在宅医療」は医療だけではなく、介護などの他職種との
協働事業で「生活援助」とセットでなければならない。
「生活援助」が大事なのだとおっしゃいます。

家族の形が変容し、ひとり暮らしが増えているにもかかわらず、
国は「生活援助」を削ってきました。
ひとり暮らしでも、「在宅医療」を受けて自宅で暮らすことは
本当に可能なのでしょうか?
 「我がこと」として、ご一緒に考えてみませんか。


詳細はこちら(チラシ)
 
講 師  中嶋 啓子 さん
      医療法人啓友会 理事長 中嶋クリニック院長・医師   

      大阪地域医療ケア研究会会長NPO囲む会ヘリオフレンド副理事長
と き    2019年9月21日(土)14:00~16:30
 ところ    大阪府社会福祉会館 5階 503号室(定員82名)
参加費    一般 500円   会員 300円
主 催   高齢社会をよくする女性の会・大阪

ページの先頭へ
 





このホームページは「高齢社会をよくする女性の会・大阪」の
ホームページプロジェクトチームによって作成・運営されています。
本ホームページから転載・引用される場合、またリンクを貼られる際はご連絡ください。
(C)copyright 2003  「高齢社会をよくする女性の会・大阪」  All Rights Reserved


「高齢社会をよくする女性の会・大阪」事務局
〒543-0028 大阪市天王寺区小橋町9-13-501 田代
 e-mail   wabas-osaka@mbm.nifty.com
  Tel/Fax 06-6762-0550
  http://wabas-osaka.life.coocan.jp


ページの先頭へ